50代で子育て専業主夫になった私の日記

50代で初めての長男が誕生し、何もかもが180度変わりました。そんな初めての世界に感じたことを気分転換も兼ねて日々綴っているブログです。

スマホがぁ!割れた!!端末補償は使えるサービス? データ移動はどうする?

【目次】

 

一昨日のこと。

その日は、幼稚園の学期末に一度ある保護者と担任の面談の日。

日頃の子どもの様子を話したり、担任の先生が、子どもの園での様子を話してくれたりして情報交換をします。

面談は、2日間あって、午後から行われます。

息子の面談日は、昨日だったので、一昨日は、息子はお昼から自宅でフリータイムです。

お昼を食べてから、天気が良かったので外でボール遊びをすることにしました。

我が家のボール遊びは、ほうきでホッケーのように小さめのゴムボールを取り合うというもの。

息子は、きゃぁきゃぁ言って大喜び。

このボール遊びをした日の夜は、息子は、7時半には寝てくれます。

我が家の息子の早寝対策の一つです。

 

今日の夜は、自分の時間ができそうだと、ちょっと嬉しくなりながら息子とボールの取り合いをしていたその時、悲劇は起こってしまいました。

足元に”ガチャ”という音がしたので何かと見てみると・・・

f:id:Boyager:20190227140643j:plain

スマホがぁ~割れてるぅぅぅ!

一応、ハーフケースには入れてあったのですが、さすがにアスファルトに直撃はだめでした。

 

私にとってスマホは、銀行オンライン、電気、電話、amazon利用、LINE、メールとライフラインそのもの。

今やスマホは、家事の超重要アイテム。

家事にとっても、なくてはならない存在です。

 壊れて動作しなくなったら、クレジットカードを落とすよりも生活に影響してしまいます。

これは、一大事というか非常事態です。

 

顔を青くして、反射的にスマホが動作してくれるのか確認をしましたが、幸いにも被害はフロントガラスの割れだけでした。

 

ほっと一息。

 

まぁ、カメラの保護ガラスも半年ほど前に真っ二つにヒビが入ってしまったので、透明セロファンを貼ってしのいでいました。

その影響から、写真を撮った映像を見ると、どことなく全体が白っぽくなっているような感じがして、やっぱり買い替えかなぁとも思っていた矢先の出来事でした。

 

これはやっぱり、買い替えなさいということか?

 

一瞬、最新機種に買い替えをしようかな? とも思ったのですが、今の機種に特に不満はないので却下。

それでは、修理に出すか? と思ってよくよく考えてみると、スマホの契約で購入時に万が一の時に備えてオプションで「端末補償」に入っていたのを思い出しました。

 

スマホオプションの端末補償

 

そうなんです、我が家のスマホは、IIJmioという会社の格安SIMを購入した時にスマホも併せて購入したのですが、こんな時のために新品に交換できる補償を付けていたんです。

私は、ガラケーの時代から携帯電話の本体を購入する時には、必ず本体のメーカー補償が終了した後でも大丈夫なように、オプションで携帯補償を付けていました。

それでも何かあって補償を使ったことは、今まで30年近く契約していますが、一度もなかったので、改めて携帯代の明細書を見直すまでは、すっかり忘れていました。

 

我が家の端末補償制度は、オプションになっていて私の機種では月々380円(税別)で、今回のように落として破損したとか、水の中にぽちゃんと落とした等、自分の過失で本体が破損した場合でも補償される車の車両保険のようなもの電話です。

※ハイスペック機種など、月々500円(税別)のものもあります。

 

車の車両保険と同様、新品購入時にのみ契約できます。

 

今回、初めて使わせてもらいました。

 

補償は、新品又はリユース品の本体のみと交換するという内容で、初めて利用する場合は、私の機種では自己負担分5400円(税込)がかかります。

レンタカーを借りる時の保険の免責のようなものです。

ちなみに同じ年度で2回目の補償利用では、8640円(税込)になります。

この制度を利用できるのは、年2回までです。

 

私のスマホの場合、新品で買ったら6万円ちょっとなので、5400円を出しても2年使って新品になるのは嬉しいですね。

 

ということで、実際この端末補償オプションを利用するには、どうしたらよいのかメーカーのホームページを見てみることにしました。

 

端末補償制度を利用する方法

googleさんで、「IIJmio」で検索をかけると・・・出てきました。

じゃ~ん!

f:id:Boyager:20190227222432j:plain

画像:IIJmio

 

画面右上の「各種オプション」のところをポチっとクリックして、下に出てきたメニューの中から「端末補償オプション」をポチっとします。

 

f:id:Boyager:20190227222433j:plain

画像:IIJmio

 

出てきました!

 

今回私が破損した”画面割れ”もバッチリ最初に記載されていますね。

 

f:id:Boyager:20190227222431j:plain

画像:IIJmio

 

この端末補償オプションの適用範囲は、画面割れの他にも水の中へぽちゃんとか、スマホの機能が全部または一部使えなくなった破損にも適用されるので、ほとんどのケースがカバーできるんじゃないでしょうか。

 

ただし、使用上、機能的にも安全的にも支障がない外観上の傷や凹みが理由での補償はは使えません。

また、当然だと思うのですが故意に破損させた場合や、改造して壊れた場合、紛失や盗難など現物が無い場合も同様です。

 

さて、私の端末補償オプションを使うには、まず具体的に何処へ何をどうすればよいのか?

 

このページをスクロールしていくとサービスを受ける手順がありました!

 

f:id:Boyager:20190227222435j:plain

画像:IIJmio

 

まず、電話をして下さいと書いてありますね。

どこに電話すればいいの?

受付先の電話番号は、交換するスマホの購入時に「端末補償ご利用のご案内という紙のカードを見てくださいとあります。

こんなカードです!

 

f:id:Boyager:20190228103226j:plain

写真では、電話番号が消してありますが、補償を受けられている方の所には、きっちり電話番号が書かれているカードをスマホ購入時にもらってるので、そこに書かれていました。

 

もし、このカードがどこかへ行った? 手元にない? と言われる方は、メーカーのホームページの「会員ページ」にログインし、「ご契約者情報の変更・照会」の次に表示されている「サービスの各種変更・利用状況照会」の中の下の方に「端末をご購入の方」がありますので、その中の”初期不良・故障交換について”をポチっとクリックしてください。

f:id:Boyager:20190228105844j:plain

画像:IIJmio

 

表示されたページをスクロールしていくと下の方に端末補償受付センターの電話番号が記載されていますので、そちらにかければOKでした。

 

次に電話でどういう情報を話すの?

 

ということですが、まず、お決まりのご本人様確認がありました。

その後、交換の理由と破損した日を聞かれました。

 


昨日、路上でスマホを落下させてしまって、画面が割れてしまったので、端末補償オプションで交換をお願いしたいのですが

 

受付担当者
今回の場合、端末補償オプションは、適用されます。ご利用の場合、自己負担分5400円(税込)がかかりますがよろしいですか?

 


はい

 

受付担当者
ありがとうございます。それでは、今回、交換されるスマホの機種名をお教えください。

 


ASUS ZenFone 3 サファイヤブラックです。

 

受付担当者
それでは、IMEIをお願いします。

 


35902707・・・・・です。

 

受付担当者
ありがとうございました。それでは、スマホの在庫確認をしますので、恐れ入りますが今しばらくお待ちください。

 


はい

 

1分くらいして・・・。

 

受付担当者
在庫がありますので、本日25日発送でそちらには27日着になります。ドライバーが新しいスマホをお届けに上がりますので、その際に今回交換されるスマホ本体をドライバーにお渡しください。
 もし、交換されるスマホ本体の引き渡しが無かった場合は、40000円の請求が発生しますのでご注意ください。

 


わかりました。ありがとうございました。

 

10分程度のやり取りで終わりました。

 

今回は、IIJmioさんのホームページには、「mts」をから始まるサービスコードも聞かれるようなことが書いてありましたが、聞かれませんでした。

 

ちょっと気になったのは、送られてくる新しいスマホと破損してしまった今持っているスマホが交換という点ですが、データの移行がスムーズにできるのかちょっと心配でした。

 

まぁ、新しいスマホが届くのは明後日の27日だし、明日の26日にしっかりデータのバックアップを取っておけば問題はないだろうということで、25日は、良い天気の中、息子の相手をしていました。

 

そして、26日もデータのバックアップは、銀行のアプリの切り替えを交換直前にするので、今晩に済ませれば良いかという感じで、昼からも息子とボール遊びをしていました。

 

すると、予想外に運送会社の人が“お荷物です~。”とやってきたのです。

 

f:id:Boyager:20190227140648j:plain

 

差出人さんは、IIJmioさん。

 

お~っと。

 

確かサポートさんからは、明日の27日の到着と聞いていたはず???

 

データの移行は、“全くやっていないのでどうしよう?”と事情を説明すると、運送会社のおじさんは、“とりあえず受け取りにサインしてもらえれば、また明日伺います”と言って新しいスマホを置いて行ってくれました。

 

この運送会社さんは、隣町から来ているので片道40kmかけてきているはず。

 

神対応!!

ドライバーさん男前の対応ありがとう!

 

早速中身を確認しました。

f:id:Boyager:20190227140650j:plain

やっぱり新品はいいですね!

 

交換に関する注意書きも入っていました。

f:id:Boyager:20190227140649j:plain

 

明日のお昼ごろに引き取りに来ていただけるとのことだったので、夕方の家事を済ませ夜9時からデータ移行を始めました。

 

f:id:Boyager:20190227140647j:plain

 

事前にLINEのバックアップを済ませ、googleクラウドに全体のバックアップを行うことに加え、何かあった時の為の保険にPCとスマホを直接USBケーブルで接続して、中身を丸ごとバックアップを取りました。

そして、新しいスマホに復元が完了したのは夜の11時を回ったくらいでした。

 

これで全部終わったはずなので、やれやれと思いながら新しいスマホを見てみると、アプリはほとんど移行されていなくて、電話の通話履歴も真っ白!!

 

ありゃりゃ~。

 

googleバックアップは、基本的な情報のみの移行手段であることを、今回、初めて知りました。

 

すべてのアプリと電話の通話履歴も残らず移行できる便利アプリがないかと、いろいろ調べてみるとJSバックアップというアプリが見つかり、早速使ってみました。

f:id:Boyager:20190227140651j:plain

今度は、自分の思い通りバッチリいきました。

f:id:Boyager:20190227140652j:plain

このJSバックアップと言うアプリは、すでにgoogleバックアップで移行されたアプリは、避けて、まだ移行されていないアプリだけを移行してくれるという至れり尽くせりの動作をしてくれました。

私の通話契約は、NTTdocomoさんですが、通話履歴もバッチリ移動されました!!

androidスマホのアプリやデータの移動には、JSバックアップは、お奨めですね!

 

boyager.hatenablog.com

 

そして最後は、アプリ移行でいちばんやっかいな銀行系アプリ。

 

セキュリティてんこ盛りの銀行さんのオンラインアプリは、たいていの場合、今まで使っていたスマホでアプリの使用を中止する処理を行ったうえで、新しいスマホから新たにアプリの使用登録をするという流れになるので、少々手間です。

 

私のメインバンクは、地方銀行なのですが、やたらセキュリティが固いです。

スマホからログインする場合は、必ずワンタイムパスワードアプリという暗号アプリから行う必要があります。

f:id:Boyager:20190227140653j:plain

このアプリの移行にちょっと手こずりました。

 

新しいスマホから利用登録するために、「現在のスマホでお使いのメールアドレスを入力してください」とメッセージが出たので、スマホで使っているg-mailのアドレスを入力しましたが、何度やってもはねられました。

 

おそらく、MVNOの格安SIMのデータ契約なので、docomo.ne.jpのような携帯専用のメールアドレスがないためかと思い、PCでやり直したら同じg-mailアドレスですんなり通りました。

まとめ

スマホが急に故障したとか不慮の事故で破損して使えなくなったということは少なからずあることだと思います。

 

スマホは、今の時代、必須のライフラインだと思います。

だからこそ、何かあった時のスムーズな対応をしてくれる携帯電話会社が必要だと思いました。

 

 

安かろう悪かろうという口コミでも書き込みが多いMVNOの中で、今回のサービスには大満足しています。

 

とにかくスマホが短期間でスッキリクッキリ新品になって、使い勝手も元通りになり、本当によかったです。