50代で子育て専業主夫になった私の日記

50代で初めての長男が誕生し、何もかもが180度変わりました。そんな初めての世界に感じたことを気分転換も兼ねて日々綴っているブログです。

子育てに環境抜群!ほどよい田舎暮らしの良かったところ予想外だったところ

 【目次】

 

ほどよい田舎とは、都会まで出るのに半日かかるとか仕事は、農業といったバリバリの田舎暮らしではなく、都会へは、車で30分程度で移動でき、通勤でサラリーマン生活ができる自然豊かな場所のこと。

 

 世の忙しいサラリーマンの中には、少なからずこのような場所で生活をしたと思った人はいるのではないかと思いこの記事を書こうと思った。

 

 妻と私は、老後はこのようなほどよい田舎暮らしがいいね!とよく話していた。

そのような中、それぞれ職を持って気ままに生活すること18年目にして、初めての

子供が誕生した。

 

これを機に自然豊かな環境で伸び伸びとした子育てをしようと思い、妻の職場に近いという条件付きで、かねてより話していた、ほどよい田舎に引っ越し、2年が経った今だからわかった良いところとそうでない所を紹介したい。

 

田舎暮らしの良いところ

 

我が家は賃貸派なので、引っ越して家賃が安くなった

 

前回住んでいた町は、京都市に隣接する人口が約9万人のベッドタウン的なところ。

JRの駅から1km弱のところにあって、近くにはイオンや西友、アルプラザ平和堂といった大型スーパーやジョ-シン電機、コーナン、総合病院があり、生活しやすさは五つ星。

 

この立地で家賃が月7万円だった。

これが、今回引越しをして6万2千円になった。

田舎は、やっぱり安いと実感。

 

家が広くなった

前の家の間取りは、4畳半が1室、6畳が3室と6畳のキッチンの4K&車庫無しだった。

これが、引っ越して、今回の家の間取りは、6畳が6室、12畳が1室と6畳のキッチンの

6LK&屋根ありの車庫あり。

 

広さは、ほぼ倍になって家賃は、8千円安くなった。

しかも、立派な庭も付いている。

 

自宅の庭

 

部屋にも欄間があったりする。

欄間

この広さのおかげで、雨の日でも子どもがストレスなく走り回れる空間ができたことは、やっぱり田舎に引っ越してきて良かったと思った。

 

何よりも四季を感じる風景と音に囲まれている

 

3月も終わりになると、朝は近くの里山にいる鶯の鳴き声で目が覚める。

山には桜がちらほら。

 

初夏には、蝉の声が始まり、盛夏の夜にはカエルの大合唱が始まる。

夜空には、白鳥座のデネブ、琴座のベガ、わし座のアルタイルの夏の大三角形が輝いている。

 

セミの鳴き声も、クマゼミとアブラゼミの鳴き声から、ミンミンゼミとヒグラシの鳴き声を経て、ツクツクボウシで締めに入る。

 

初秋は、コオロギや様々な虫の鳴き声でつるべ落としの秋の夜長が始まる。

山々が今年最後の華やかな色どりをまとう晩秋を経て、静の冬が訪れる。

 

冬の間は、裏にある川のせせらぎの音だけが座敷間に流れる。

 

ご近所さんが良い人ばかり

これは、田舎だからということでもないと思うが、とにかくよそ様の子でも、親身になって見てくれるご近所さんが多い。

 

逆に、田舎暮らしでえっ?と思ったことをは?

町内会費が高い!

都会でマンション暮らしでは、まず町内会費自体が無い

所が殆どだと思うのだが、一軒家であれば引っ越しと

同時にほぼ税金と同じような感覚で納めなければ、結構

ややこしくなる。(=住みにくくなる)

 

私の引っ越したほどよい田舎は、高齢者世帯がほとんど

で世帯数も少ないため町内会費が前の居住時と比較して

3割ほど高くなった。

 

でも、良い人ばかりなので全然OKです。

光熱費が高い!

 水道代が2倍、ガス代が1.5倍、電気代が2倍。

これらの原因は、世帯数が少ない山間部のため、冬が非常に寒~い!!。

 

そうかと言って夏が涼しいかというと盆地のため、これまた蒸し暑い!

 

日用品に関する物価が高い!

街に3件ほどスーパーがあるものの、食料品から生活用品に至るまで2割ほど街に比べて高い。

人口が少ないので、消費数が少なく、その結果なんでも高くなる傾向がある。

 

その他諸々 

 その他、市民税が高くなった、毎年、生垣の毛虫に刺されるので消毒を年2回やらないといけない、ゴミの分別が超細かい等々・・・

 

 あくまで私が引っ越した時のbefore、afterですが他のほどよい田舎でも、共通点はあるのでは?!